帝国築いた「資本の論理」 剛腕LVMH会長 「カシミヤを着たオオカミ」、ティファニーを傘下に

2019/11/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

高級ブランド世界最大手の仏LVMHモエヘネシー・ルイヴィトン(LVMH)が、約162億ドル(約1兆7600億円)で米宝飾品大手ティファニーを傘下に収める。主導したのは「カシミヤを着たオオカミ」と恐れられるLVMHのベルナール・アルノー会長だ。業績低迷に苦しむ名門企業を次々と買収した業界の革命児の同氏の手腕は今回も発揮された。

資金難に陥っていたクリスチャン・ディオールの親会社を1984年に買収し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]