/

この記事は会員限定です

水産・畜産進むデジタル化

タイCP、AI養豚で感染症予防

ベトナム・ミンフー、エビ養殖3倍

[有料会員限定]

【ハノイ=大西智也、バンコク=岸本まりみ】食料の一大生産拠点であるアジアで、農水産業に最先端技術の導入が始まった。タイ最大財閥チャロン・ポカパン(CP)グループは人工知能(AI)による養豚に取り組む。エビ輸出世界最大手、ベトナムのミンフー水産は水質管理などで養殖の効率を3倍に上げる。感染症を防ぐとともに上昇傾向にある人件費の抑制にもつなげる。人海戦術だったアジアの1次産業が大きく変わる。

年間6万...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1611文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン