/

この記事は会員限定です

米天然ガス価格が下落

生産増や気温上昇予測で

[有料会員限定]

米国で天然ガスの先物価格が下落した。指標となるニューヨーク市場のヘンリーハブ価格(中心限月)は日本時間26日午後の時間外取引で、100万BTU(英国熱量単位)あたり2.5ドル台半ばで推移。前週末の終値より約0.15ドル(5%強)安い。現地の天然ガス生産量が増えるなか、12月に気温が上昇するとの予報が出て需要が鈍るとの観測が広がった。

米エネルギー情報局(EIA)がまとめた10月のシェールガスの生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り207文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン