中部電「海外で利益3割」に布石 
三菱商事とオランダの電力買収 再生エネ発電倍増もにらむ

2019/11/27付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

中部電力が三菱商事と共同でオランダの電力会社エネコの買収で優先交渉権を取得した。総額5千億円、中部電分で1千億円という過去最大のM&A(合併・買収)に踏み切る背景にあるのが2つの経営目標だ。経常利益の3割を海外で稼ぎ、再生可能エネルギーの発電容量を倍増させる。電力大手を保護した地域独占の護送船団方式が崩れる中、従来にない積極的な打ち手に活路を見いだす。

26日に名古屋市で開いた記者会見で、勝野哲…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]