/

この記事は会員限定です

「丸紅と連携顧客拡大」

みずほリース社長、航空機も強化

[有料会員限定]

みずほリース(旧興銀リース)の本山博史社長は25日までに日本経済新聞の取材に応じた。3月にみずほフィナンシャルグループ(FG)の持ち分法適用会社となり、丸紅からの出資も予定する。本山氏は両社と連携し、海外を軸に「顧客の間口を広げていく」と説明。航空機リースでは今後、エンジン・部品分野を強化する意向を示した。

みずほFGはグループに有力リース会社がなく、他メガに比べて傘下銀行の収益が占める比率が大きかった。本山氏は「銀行が手がけにくい(出資と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り405文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン