新興企業、5四半期ぶり増益 7~9月、純利益7%増 主要企業より回復先行

2019/11/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東証マザーズ市場などに上場する新興企業の業績が回復してきた。2019年7~9月期の純利益は、5四半期ぶりに増益転換した。売上高規模は小さいが、独自の技術やサービスで競争力を高める企業が業績改善をけん引している。東証1部など主要企業が減益を続けるなか、新興企業の回復の早さが鮮明になっている。

新興企業の7~9月期の純利益は前年同期比7%増だった。18年7~9月期から4四半期続いた減益局面を脱した。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]