/

この記事は会員限定です

安藤ハザマ、所得隠し

2億5000万円、架空発注など 国税指摘

[有料会員限定]

安藤ハザマが工事の架空発注などで裏金を捻出していたなどとして、東京国税局から2018年3月期までの5年間で約2億5千万円の所得隠しを指摘されていたことが23日、関係者の話で分かった。裏金は接待費に充てたほか、一部では社員による私的流用もあったという。

他の経理ミスなどを合わせた申告漏れ総額は約3億円で、重加算税などを含む追徴税額は1億数千万円に上った。同社は既に修正申告したもようだ。

関係者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り196文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン