〈プロ野球動かしたテック族〉(10)ハマスタ満員に 「ベイスターズ」35歳社長の改革

2019/11/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

たばこの煙が漂い、多くの社員がパソコンを使わず手作業。ほとんど会話もない――。2011年12月、DeNAから35歳の若さで横浜ベイスターズの球団社長として送り込まれた池田純は目の前の光景に思わずのけ反りそうになった。そして実感した。「俺の仕事は企業再生案件なんだな」

当時のベイスターズは52億円の売上高に対して24億円の赤字。観客動員は50%ほどだった。池田が最も重視したのは現場主義の徹底だ。フ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]