海外では積極交流 親との面会は「子の権利」

2019/11/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

法務省の委託調査などによると、米国や英国など離婚後の共同親権を認める国は多い。親との面会交流は「子の権利」として位置づけられ、子の意見を聴いた上で積極的に交流を認める傾向が強いという。

家制度を色濃く反映した明治民法では、父の単独親権が原則で、母が親権者になるのは父の死亡など例外的な場合に限られていた。

戦後の民法改正で現在の制度に改められたが、当時は欧米諸国も単独親権が主流だったた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]