日本「優遇国すぐには戻さず」 韓国「協定延長は取り消せる」 元徴用工問題打開探る動きも

2019/11/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日韓両政府は軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効問題を回避したものの、関係改善のハードルは高い。経済産業省の担当者は22日、「いまの時点で優遇対象国に戻すことありきの結論をもっているわけではない」と述べた。

日本による輸出管理厳格化は、韓国が世界貿易機関(WTO)に第一審での審理を要請せずに一連の手続きを中断すると日本側に伝えた。日本側は対韓輸出管理の方針を変えていない。

経産省の担当者は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]