量子計算機 20年で実用化 政府がロードマップ 産学官連携、米中追い上げ

2019/11/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府は次世代の高速計算機である量子コンピューターなど量子技術の研究開発戦略の柱となるロードマップ(行程表)をまとめた。ものづくりや金融サービスなど多くの分野にイノベーションを起こすとみて産学官が連携して関連技術を開発する。約20年後に幅広い計算に利用できる量子コンピューターを開発する目標などを盛り込んだ。米国や中国が重点投資を始めており、追い上げる態勢を整える。

政府は量子技術を人工知能(AI)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]