印ホテルオヨ、日本戦略背伸び ソフトバンクG系出資
10月末5200室→来春7万5000室へ

2019/11/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ソフトバンク系が出資するインドの格安ホテル運営会社、OYO(オヨ)ホテルズアンドホームズは日本でのホテル事業を急拡大する。2020年3月までに国内最大級となる7万5千室のホテルチェーンを目指すことが明らかになった。供給過剰が懸念される中、既存ホテルの看板を変える方法で強気の戦略を打ち出す。フランチャイズチェーン(FC)オーナーに対する料金保証問題なども発生しており、道は険しい。

オヨは4月にソフ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]