/

この記事は会員限定です

阪大、同一基板で3色LED

次世代表示技術 コスト10分の1に

[有料会員限定]

大阪大学の藤原康文教授らは青色発光ダイオード(LED)の材料である窒化ガリウムを使い、赤・緑・青の3原色を出す表示技術を開発した。同一の基板に発光層を積層した。ディスプレーに応用する場合、別々に3色のLEDを並べる方法より製造費用を10分の1程度に下げられる見込みだ。数年後にも装着型用に実用化を目指す。

液晶や有機ELの次の表示技術として微小なLEDを敷き詰める「マイクロLED」が提案されている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り386文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン