日本発素材、半導体代替に
カーボンナノチューブ、再び脚光 研究開発は米中けん引

2019/11/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

炭素原子が筒状につながった「カーボンナノチューブ」を、電子分野の素子として応用する研究に再び関心が高まってきた。微細化により性能を高めてきたシリコン製の半導体に限界が見え始め、その代替に使おうというねらいだ。主に米中の大学やベンチャー企業がけん引し、発見国である日本の存在感は低下している。

直径1ナノ(ナノは10億分の1)メートルほどのカーボンナノチューブは、飯島澄男名城大学終身教授がNECに在…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]