/

この記事は会員限定です

医療関連機器4製品 NDソフト、山形大技術で

現場の負担軽減へ 「人工クラゲ」やベッドセンサー

[有料会員限定]

医療・介護ソフト大手のエヌ・デーソフトウェア(NDソフト、山形県南陽市)は山形大学の技術を使った医療関連機器を販売する。癒やしを与える人工クラゲ鑑賞装置や脈拍などを感知するセンサーなど4製品。今後は通信機器メーカーと在宅医療向けの遠隔診療装置なども開発する。介護現場の人手不足は深刻で、省力化につながる製品を中心にソフトからモノへ事業領域を広げる。

山形大の古川英光研究室と共同開発した「クラゲロボッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り615文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン