/

この記事は会員限定です

日本産最後のトキ死ぬ(2003年10月10日)

乱獲や環境変化で激減

[有料会員限定]

2003年10月10日、日本産の最後のトキ「キン」が新潟県の佐渡トキ保護センターで死んだ。メスで推定36歳、人でいう100歳ほどの長寿だった。死後、キンの体は剥製にされたほか、臓器や細胞が取り出され、国立環境研究所で保存されている。

トキの学名は「ニッポニア・ニッポン」という。明治時代以降に乱獲されたほか、環境の変化によって激減した。1934年に国の天然記念物、52年に特別天然記念物に指定された...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り245文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン