1100万年前 海に隕石衝突 海洋機構など証拠発見 生物大量絶滅の原因か

2019/11/21付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

海洋研究開発機構の野崎達生グループリーダー代理らの研究チームは、約1100万年前に海に巨大な隕石(いんせき)が衝突した証拠を発見した。同時期に起きたとされる生物の大量絶滅の原因になった可能性があるという。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]