/

この記事は会員限定です

迫る対中追加関税発動 アップル、トランプ氏懐柔躍起

雇用創出強調 回避狙う

[有料会員限定]

【シリコンバレー=白石武志】米アップルが対中制裁関税の拡大回避に躍起になっている。20日にティム・クック最高経営責任者(CEO)が米テキサス州の工場でトランプ大統領を迎え、米国での雇用創出の実績などをアピール。「iPhone」などへの追加関税の発動が12月中旬に迫るなか、撤回に向けて懐柔策を図っている。

トランプ氏は20日午後にテキサス州オースティンにあるアップルの提携先の工場を訪れた。デスクト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1191文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン