ウクライナ疑惑「見返り、トランプ氏意向」 公聴会で駐EU大使

2019/11/21付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【ワシントン=永沢毅】米議会下院の情報特別委員会は20日、トランプ大統領の「ウクライナ疑惑」について4日目の公聴会を開いた。ソンドランド駐欧州連合(EU)大使が証言に立ち、トランプ政権がホワイトハウスでの米ウクライナ首脳会談開催などの見返りとして、野党・民主党のバイデン前副大統領の不正調査を同国に求めたと発言。これらは「トランプ氏の要求を反映したものだ」と語った。

民主はトランプ氏の不正への関与…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]