大栄翔、じわり存在感 九州場所11日目 突き合い制す 三役へ前進

2019/11/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

4場所ぶり43度目の優勝を狙う横綱白鵬は平幕竜電を危なげなく寄り切って10勝1敗とし、単独首位を堅持した。

大関貴景勝は碧山を押し出して勝ち越し。新小結朝乃山は宝富士を寄り切って2敗を保った。関脇御嶽海は小結遠藤に寄り切られて5勝6敗となった。白鵬を追う2敗は朝乃山ただ一人で変わらず、3敗は貴景勝と正代、輝の平幕2人。十両は琴ノ若と木崎海が2敗でトップに並んだ。

東前頭筆頭の大栄翔(26)と西…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]