/

この記事は会員限定です

「鉄パイプ、誤り落とした」

和歌山、死亡事故で作業員

[有料会員限定]

和歌山市の12階建てビル屋上の作業場から鉄パイプが落下し通行中の男性が死亡した事故で、作業員が「鉄パイプを誤って落とした」と話していることが20日、捜査関係者への取材で分かった。和歌山県警は同日、安全対策が不十分だった可能性があるとして同市の工事業者2社を業務上過失致死容疑で家宅捜索した。

県警などによると、家宅捜索したのは工事の元請け業者「SIGN TAKASE」と現場で足場の解体作業をしてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り341文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン