<株式>続落、米中関係悪化を懸念

2019/11/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日経平均株価は続落。米議会上院が19日に「香港人権・民主主義法案」を全会一致で可決したのに対し、中国外務省は20日に非難する声明を公表。米中関係が悪化するとの警戒感から、投資家のリスク回避姿勢が強まった。アジア株安も持ち高調整の売りを促し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]