/

この記事は会員限定です

雪道対策にAI・IoT、自治体で導入進む

能美市、消雪設備スマホ操作/福井県、交通混乱見つけ警告

[有料会員限定]

北陸でIT(情報技術)を使って積雪時の交通安全を確保する動きが広がっている。石川県能美市は道路の雪を水で解かす消雪設備をスマートフォンなどで遠隔制御できるようにする。福井県では積雪による交通の混乱を人工知能(AI)で検知できるカメラの設置数を倍増させる。2018年に北陸に大きな被害をもたらした大雪に効率よく対応して被害を防ぐ。

能美市は今冬、NTTデータ北陸が開発した消雪設備の動作を遠隔で監視した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1361文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン