大機小機EBPMと地方創生

2019/11/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

EBPM(Evidence Based Policy Making=証拠に基づく政策立案)の動きが広がりつつある。これは政策目的と政策手段、効果を論理的に整理した上で、データに基づきプロセスの合理性を明らかにしながら政策を進めようというものだ。経済学の分野で比較実験が行われるようになり、データの整備も進んできたことから脚光を浴びつつある。政府は各省庁が責任者と担当部局を決めてその具体化に取り組み…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]