東電、柏崎再稼働へ一歩 市が一部廃炉了承 県の検証焦点に

2019/11/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京電力ホールディングスの柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)の再稼働に向けた手続きが一つ進んだ。立地自治体の柏崎市は19日、再稼働後に一部を廃炉にするとの東電の方針を受け入れると回答した。再稼働を前向きに評価し、新潟県が進める避難計画などの検証作業の終了後に、柏崎市として再稼働に同意するかどうか最終判断する考えを示した。今後は時間がかかっている新潟県の検証作業に焦点が移る。

柏崎市の桜井雅浩市長は6…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]