/

この記事は会員限定です

鉄パイプ落下 通行人死亡

和歌山のビル 工事中、15日にも事故

[有料会員限定]

19日午前8時20分ごろ、和歌山市十三番丁の12階建て雑居ビル屋上から約5キロの鉄パイプが落ち、通勤中だった大阪市中央区の銀行員、板垣智之さん(26)の頭に当たった。約5時間後に死亡が確認された。工事関係者によると、このビルでは15日にも鉄パイプの落下事故があったばかりで、いずれも足場の解体作業中だった。

和歌山西署によると、屋上の看板を設置するために組んだ足場を19日午前8時ごろから作業員数人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り223文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン