キャンパス発 この一品海洋深層水アオノリ(高知大) 豊富な栄養で養殖・量産化

2019/11/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

深さ300メートルを超える深海からくみ上げる栄養豊富な海洋深層水を海藻類の養殖に活用できないか――。これが高知大学海洋生物研究教育施設のテーマだった。

同施設の平岡雅規准教授が選んだのはアオノリ。水中を漂うアオノリを互いにくっつける「集塊(しゅうかい)化」の技術で特許を取得し、1週間で重量が10倍になるという画期的な養殖方法を確立した。最近では中国の食品メーカーからも技術協力の引き合いがあるとい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]