はやぶさ2 支える研究者
着陸地選定・クレーター作り、一丸で

2019/11/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

小惑星「りゅうぐう」を探査した「はやぶさ2」は任務を終え、2020年末に地球に戻る運用に入った。困難を極めた着陸や世界初のクレーター作りなどで多くの大学研究者が一丸となり、このプロジェクトを遂行する宇宙航空研究開発機構(JAXA)を支えている。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]