国の支援策が重要に 須賀川商工会議所会頭 渡辺達雄氏

2019/11/20付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

「須賀川市では阿武隈川や支流の釈迦堂川で堤防決壊や氾濫が起きた。須賀川商工会議所の会員千百社強のうち1割近くが被害を受けた。業種は化学などの製造業から食品、商業まで幅広い。特に市の中心部にある卸団地が2メートル近く冠水し、重大な被害が出た」

「須賀川市一帯は1986年の『8.5水害』などを教訓に河川の改修や遊水池、ポンプ場の整備が進んだ。安全性が高まったと思っていただけに、地元企業の多くは衝撃を…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]