経済教室金融政策の効果と限界(下)銀行融資拡大には逆効果も
小倉義明・早稲田大学教授

2019/11/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

量的・質的金融緩和が始まってから約6年半、超過準備預金の一部へのマイナス金利が導入されてから約4年がたった。この間、日本経済の需給ギャップが需要超過に転じ、日銀総裁談話などでしばしば言及されるように「デフレではない」といえる状況に日本経済を導くことに成功した。

だが目標インフレ率2%は未達であり、前例のない長期にわたる超金融緩和の出口はまだ見えていない。副作用として金融部門にひずみが蓄積されつつ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]