MMT提唱の豪大教授「無節操な財政赤字認めず」 金融政策は限界、歳出拡大を

2019/11/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

積極的な財政政策を掲げる現代貨幣理論(MMT)の提唱者、豪ニューカッスル大のビル・ミッチェル教授は都内で日本経済新聞の取材に応じた。「MMTが無節操な赤字を容認しているという批判は誤解で一定のルールを設けている」と述べた。「各国で金融政策が限界を迎えており、財政政策を動員するほかない」とも強調した。主なやり取りは以下のとおり。

――日本は国内総生産(GDP)の2倍の債務を抱えています。

「財政を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]