米、親イスラエルに拍車 ヨルダン川西岸に入植容認 大統領選へ支持固め

2019/11/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ワシントン=中村亮、カイロ=飛田雅則】トランプ米政権が18日、イスラエルによるヨルダン川西岸での入植活動を認める方針に転じた。イスラエルとの良好な関係を望むキリスト教保守派の支持を固め、2020年の米大統領選を優位に進める狙いだ。パレスチナは反発を強めており、中東和平の仲介役としての米国の存在感はさらに下がる。

ポンペオ国務長官は18日の記者会見で、イスラエルによる入植活動について「国際法に違…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]