/

この記事は会員限定です

訴訟、統一的判断はなく

加害者側に賠償命令も

[有料会員限定]

織田信成氏は18日に大阪地裁に起こした訴訟で、コーチのモラルハラスメントが原因で大学アイススケート部の監督辞任に追い込まれたと主張。訴状などによると、練習方法を巡って関係が悪化したコーチに無視されるようになり陰口などのハラスメント行為で精神的苦痛を受けたという。

モラハラを巡る訴訟はこれまでもたびたび起こされてきた。労働法に詳しい田村裕一郎弁護士によると、埼玉県の病院で働いていた准看護師の自殺を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り236文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン