スケート高木美、まさかの不振
W杯開幕戦で表彰台ゼロ 「何が原因か分からない」

2019/11/19付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

17日までミンスクで行われたスピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦で、3種目に出た高木美帆(日体大助手)がいずれも表彰台を逃した。主戦場とする1000メートル、1500メートルでどちらも3位に入れなかったW杯は3季ぶり。世界屈指のオールラウンダーは「何が原因か分からない」と苦悩をにじませる。

第1日の3000メートルで10位と振るわず、その翌日は世界記録を持つ1500メートルでも出遅れて…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]