春秋

2019/11/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

この週末、公開中の映画「宮本から君へ」の客入りは上々だった。人生に不器用な若者が、ときに感情をむき出しにして、ぶつかり合う。とかくクールに振る舞うことがもてはやされるご時世だ。その対極にある主人公の愚直な生きざまが、共感を得ているのだろうか。

▼この映画、公開までに曲折があった。脇を固める個性派俳優が今年の春、麻薬取締法違反容疑で逮捕されたのだ。制作側は、改編や追加撮影をせず、有罪判決が確定した俳…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]