講談社「海賊版誘導で損害」提訴、元運営者らに賠償命令

2019/11/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

無断コピーされた漫画や書籍の海賊版サイトへインターネット利用者を誘導する「リーチサイト」に、自社の出版物の著作権を侵害されたとして、講談社がサイトの元運営者ら3人に損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁(杉浦正樹裁判長)は18日、請求通り計約1億6千万円の支払いを命じた。

大阪地裁は1月、リーチサイト「はるか夢の址(あと)」(閉鎖)の元運営者ら3人に著作権法…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]