VC協会会長、機関投資家の出資増期待 「国内外から2000億円」

2019/11/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本ベンチャーキャピタル(VC)協会の赤浦徹会長は年金基金など機関投資家から、国内VCが運営するファンドへの出資額について中期的に2000億円に増やしたい考えを示した。ファンドの運用成績を比較する物差しとなる指標を2020年春にも策定し、資金の呼び込みにつなげたいという。

赤浦会長は日本経済新聞に、「国内と海外の機関投資家からそれぞれ1000億円ずつ出資を受けたい」と語った。海外と比べて低い機関…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]