米カジノ大手サンズ開発責任者「IR、世界で需要」 参入、大阪見送り横浜へ 羽田・横浜港アクセス重視

2019/11/19付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

カジノを含む統合型リゾート(IR)を巡り、米カジノ大手、ラスベガス・サンズの開発責任者、ジョージ・タナシェビッチ氏が16日、日本経済新聞などの取材に応じた。日本で最大3カ所のIRが開業する見込みで海外施設との競合も指摘されているが、同氏は「IRは世界的な需要に供給が追いついていない」と述べ、横浜進出に強い意欲を示した。

サンズ社は当初、大阪での事業参入を検討していたが、8月に見送りを表明。横浜市…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]