2番打者不在 半導体に期待

2019/11/19付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

中部では自動車に次ぐ2番打者の不足が指摘されている。愛知、岐阜、三重の3県にはオークマやDMG森精機、ブラザー工業といった工作機械メーカーが集積しているが、中国経済の減速で受注に急ブレーキがかかった。

中部経済産業局がまとめた金属工作機械受注によると、管内の工作機械メーカーの総受注高は9月まで11カ月連続で前年同期を割り込んだ。受注の回復は20年以降との見方が多い。

もっとも、人件費が上昇する中…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]