「人質司法」 異例の条件で保釈

2019/11/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

長年にわたって日産自動車と仏ルノーの連合を率いてきた世界的に著名な経営者の逮捕は、日本の刑事司法制度、とりわけ身柄拘束の在り方について国内外の関心を呼び起こすことになった。

欧米では経済犯罪は任意捜査が前提とされ、身柄を拘束した場合も比較的短期間にとどまることが多い。カルロス・ゴーン元会長の「長期勾留」に対し、海外メディアは批判の目を向けた。東京地検特捜部が金融商品取引法違反事件の対象期間を分け…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]