/

この記事は会員限定です

金融政策の効果と限界(中)マクロ政策の新枠組みを

早川英男・富士通総研経済研究所エグゼクティブ・フェロー

[有料会員限定]

2018年までは金融緩和からの「出口」が注目されていた。だが19年に入ると一転、米連邦準備理事会(FRB)が7月以降3回利下げしたほか、欧州中央銀行(ECB)も9月にマイナス金利の深掘りを含む追加金融緩和を決定した。金融市場では世界的な金融緩和ムードになっている。

しかし世界中で非伝統的金融緩和政策が展開された10~12年ごろとは環境が異なっており、最近の金融緩和に批判的な経済学者・エコノミスト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2695文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン