日本ならではの文化磨け 唐池恒二 JR九州会長

2019/11/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

訪日外国人客が増加する一方、日本の観光業は質的に大きな変化に直面している。1つは旅行の形態が団体客から家族、友人など個人客中心に変わってきたこと。2つ目は観光の目的が買い物や温泉から、歴史や文化に触れ合う体験型に移りつつあることだ。

新しい需要に応えるには地域固有の魅力を磨く努力が不可欠だ。宮崎県の飫肥地区が好例だ。城下町で知られるこの地区は以前から、電線の地中化や住宅の木造化を進め、訪れるたび…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]