高度な技術持つ人材活用 小堀秀毅 旭化成社長

2019/11/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

不確実な時代こそ、高度な技能を持つ専門職が注目を浴びる。2年前に高度専門職の人事制度を見直し、事業部長待遇止まりだったフェロー職が役員待遇まで昇進できるようにした。彼らの活躍する姿を従業員に広く知らしめることで、会社の強みが何かを共有できるようにもなる。リチウムイオン電池の開発でノーベル賞の受賞が決まった吉野彰名誉フェローのような人材をどう活用するか。今後のカギになる。

2022年には創業100…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]