世界の上場企業、減益続く 製造業が不振
7~9月、純利益8%減

2019/11/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

世界の上場企業の業績が悪化している。世界約1万8000社の2019年7~9月期の純利益は前年同期比8%減った。減益は4四半期連続。世界景気の減速を背景に、米欧日など幅広い地域で製造業を中心に業績が落ち込んだ。株式市場では半導体の需要回復が見込めるなどとして先行きの底入れ期待が強いが、米中貿易協議など不透明要素が多く予断を許さない。

QUICK・ファクトセットなど(15日時点)を使い集計した。世界…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]