侍、乱打戦競り勝つ
韓国に10-8 決勝へ弾み 堅守で反撃食い止める

2019/11/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

野球の東京五輪予選を兼ねる国際大会「第2回プレミア12」は16日、東京ドームで2次ラウンド最終日の2試合が行われ、日本(1次ラウンドB組1位)は韓国(C組1位)を10-8で下し、4勝1敗の1位で2次ラウンドを突破した。17日の決勝で、3勝2敗の2位で通過した韓国と再戦する。

日本は1-1の三回に鈴木(広島)、浅村(楽天)の連続適時打など打者一巡の集中打で6得点。韓国の反撃を受けたが、五回に山田哲…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]