/

この記事は会員限定です

ダム放流 指示しやすく

国交省、大雨に備え 電力と手順策定

[有料会員限定]

国土交通省は大雨が予想される緊急時に備え、発電や農業用に使われる民間の利水ダムに放流を指示する手続きを明確にする。治水目的で放流する際の想定雨量や手法について、電力会社などと事前に協議して個別に取り決めをする。大雨被害が多発しているが、ダムは建設予算や候補地の制約から新設が難しいため、既存施設を最大限活用していく。

河川法には洪水による災害が起こったり、発生の恐れが高い場合、ダムの設置者に対して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り562文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン