ナスカ地上絵 新たに143点 山形大、AIも活用

2019/11/16付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

山形大学は15日、南米ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」の現地調査で新たに143点を発見したと発表した。人間や動物の形をした地上絵で、最も大きいものは全長100メートル以上だった。今回は日本IBMと共同で人工知能(AI)も活用。AIが示した複数の地上絵候補をもとに現地調査で地上絵1点を発見することにも成功した。

坂井正人教授らの研究チームが高解像度の航空データやドローン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]