宇野SP4位 フィギュアGPロシア杯 冒頭転倒後に4回転成功 復活の兆し「ほっとした」

2019/11/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【モスクワ=共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、ロシア杯は15日、モスクワで開幕し、12人による男子ショートプログラム(SP)で2018年平昌冬季五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)は87.29点で4位、友野一希(同大)は80.98点で7位となった。アレクサンドル・サマリン(ロシア)が92.81点で首位発進した。

フランス杯で8位に終わった宇野は冒頭の4回転フリップで回…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]