再稼働に活断層リスク 規制委、泊原発を調査 追加工事の可能性も

2019/11/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

複数の原子力発電所の再稼働審査が敷地内の活断層の有無を巡って長引いている。原子力規制委員会が活断層の存在の可能性を指摘した泊原発(北海道)については、北海道電力が「活断層ではない」とした調査結果の精査が本格化する。規制委の指摘を覆せなければ再稼働が遅れ、追加工事を迫られる可能性もある。

規制委の石渡明委員らは15日、泊原発を現地調査した。北電が5月以降に断層の追加調査として地表を削った場所や掘削…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]