日大元監督ら不起訴 アメフト部 危険タックル、地検立川支部

2019/11/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本大アメリカンフットボール部の危険タックル問題で、東京地検立川支部は15日、傷害容疑で刑事告訴された内田正人元監督(64)と井上奨元コーチ(30)について、

タックルをした選手(21)とのやりとりなどから「選手の共犯と認めるには疑いが残る」として嫌疑不十分で不起訴とした。選手は被害者と示談が成立しているとして起訴猶予処分とした。

不起訴処分を受け、内田元監督は「日本大学および学生スポーツに対する…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]